2016年10月18日火曜日

単語アルゴリズム全知能記事作成ツール「KIJII改」特典急げ


単語アルゴリズム全知能記事作成ツール「KIJII改」特典急げ
http://www.infotop.jp/click.php?aid=73&iid=60969





それでは、このKIJII改を使ってSEO対策を
といった場合にどういう展開が望ましいのか
って事なのですが


今年の初めごろ

SEO対策の研究という事で京都大学の方が
いろんな角度から検証も含めて行っていた


そこで検証は検証らしく感覚ではなく、なんで
上位にいるのかそして何が重要なのかって事が
発表されたんだが


結局勉強としての意味はあるが結果を出すという
観点からするとそこまで重要視される事では
無かった



結局何が言いたいのかというより

例えばSEO対策を5名のチームで一つのサイトを
検証しながら上位にあげていくという事なら
確かにゆっくりと時間をかけて行う事はできる
でしょうが



私たちがそんなゆっくりとした事はやってられない。


そんな経費をかけて上位表示をするならPPC広告を
してしまったほうが早い。


だからクリアイズムには考え方が合わなかった
という感じです。




最近弊社が行っている事とすると


ビックワードを狙うものは狙っているが
ロングテールで確実に1位もしくは3位以内に
入るキーワードで上位に表示をさせている


この目的はまず上位に出せるという結果が必要
という事もあるが


売り上げに直結する結果が出せれば良いと
いうことであれば
必ずしもビックワードである必要はない


バックリンクに関してはペンギンアップデートが
あるので安易な考えは良くないが

実際には常にほぼ影響がないため
弊社では数えてはいないがバックリンク保有先も
考えると1500ほどのドメインとサーバがあります。


SEO会社であれば大した保有量ではないのだが
それでも1500のバックリンク先でペンギンアップデート
があり駄目になってしまうというリンク先は5%もない
状況です。

そして半年もすれば回復してくる事を考えると
ペンギンアップデートはほとんど考えなくても
良いという事になります。


事実今年も8月になりますが今までほとんど
ダメージなし。



そしてパンダアップデートという事で
コンテンツだがパンダアップデートでも
大した影響は受けてはいないのだが


最近NEVERまとめのサイトをいろいろ検証して
くるがやたらと上位にでてくる何もせずとも
上位にでてくるのでとにかく検証を続けていると
コンテンツのカギが上がってくる


youtubeはグーグルと考えると相性も良く
SNSもグーグルと相性が良い
ツイッターは相性がいいというよりはスピード
が命なのであまり考えないがコンテンツがいろいろ
重なりあわされると結局は質が高いと


考えていくのが今のグーグルでもある。


これは各キーワードを見ているとわかってくるが
フェイスブックも含め各媒体にリンクを張っている
または各媒体からリンクがあるサイトは上位にでている
傾向がある


これは媒体の信用もあるが


その媒体の中のコンテンツがしっかりと
していなくてもGOODだと考えるところに検索
エンジンの問題があるかもしれない。


私が思うにはまだまだ知能というレベルには
いないような気がするので



今ならSEO対策のバックリンクにはこれを
使ってほしい

単語アルゴリズム
全知能記事作成ツール
「KIJII改」
http://www.infotop.jp/click.php?aid=73&iid=60969

0 件のコメント:

コメントを投稿